Skip Navigation

利益相反の管理について

當社は、當社または當社グループ金融機関が行う取引に伴い、お客さまの利益が不當に害されることのないよう、利益相反のおそれのある取引の適切な管理を実施します。

1. 利益相反の特定方法


當社は、利益相反のおそれのある取引をあらかじめ特定?類型化して利益相反管理を実施します。また、個別具體的な取引が利益相反のおそれのある取引に該當するかについては、利益相反管理部門が、必要な情報を集約し、適切に特定します。

2. 利益相反のおそれのある取引の類型


利益相反のおそれのある取引の類型は、次のとおりです。

(1)當社等が行う取引のうち、お客さまの利益を不當に害するおそれのあるもの

①當社等が、お客さまに対する取引上の地位を濫用する場合

②當社等が、取引に際してお客さまに関連する情報を不當に利用する場合

(2)當社等が行う取引のうち、お客さまと他のお客さまとの間の利益が相反するおそれのあるもの

3. 利益相反の管理體制


當社は、営業部門から獨立した立場にある利益相反管理統括者および利益相反管理部門を設置しています。
利益相反管理統括者および利益相反管理部門は、適切かつ十分な利益相反管理を行うための態勢を整備し、関係部門および営業拠點等に対する指導、監督等を行います。

4. 利益相反の管理方法


當社は、利益相反のおそれのある取引の類型に応じ、次に掲げる方法その他の方法によって、適切な利益相反管理を実施します。

 (1)対象取引を行う部門と當該お客さまとの取引を行う部門を分離する方法

 (2)対象取引または當該お客さまとの取引の條件または方法を変更する方法

 (3)対象取引または當該お客さまとの取引を中止する方法

 (4)対象取引に伴い、當該お客さまの利益が不當に害されるおそれがあることについて、當該お客さまに適切に開示する方法

※「當社グループ金融機関」とは、メットライフグループに屬する會社のうち、保険業その他金融業を行うものをいいます。

狠狠综合久久综合88亚洲